初めての方へ

チャネルライン

「チャネルライン」は、トレンドの動きを見る為の描画ツールです。チャネルラインは、トレンドラインに平行のラインとなります。チャネル(channel)には「水路」や「航路」などといった意味があり、トレンドラインと併せた2本のラインが、「水路」や「航路」のように見えることから、チャネルラインと呼ばれています。

描画方法
 

①描画ツールバーの上から4つ目の斜線が2本書いてあるボタンが「チャネルライン」です。
選択すると、黄色に変わりマウスポインタがペンのマークに変わります。
「チャネルライン」を再度選択すると、黄色だったボタンが元に戻り描画モードを解除できます。

 

②この状態でチャート上に任意の二点を選択し、トレンドライン(白色の線)を引きます。
 

③さらにポインタを動かして選択すると、平行に「チャネルライン」(緑色の線)を引くことができます。

複製・編集・削除
 

①描画した「チャネルライン」を選択すると、「複製」、「編集」、「削除」項目が表示されます。
「複製」を選択すると、チャート上に同じ「チャネルライン」を描画することができます。
 

②「編集」を選択すると、描画ツール編集画面が表示され、「スタイル」、「パラメーター」「表示位置」の設定を変更できます。編集した内容は、「設定」ボタンを選択することで反映できます。
 

③「削除」を選択すると、選択した「チャネルライン」を削除することができます。
なお、チャート上の描画を全て削除したい場合は、描画ツールバーの下にある「描画全削除」ボタンで削除できます。

チャネルラインの使い方

「チャネルライン」の活用方法は、大きく分けて2つあります。
1つ目は、相場が上昇トレンドの場合、安値を始点としたトレンドラインを引きます。価格がトレンドライン付近に接近したら買い、価格が「チャネルライン」付近に接近したら売ります。
相場が下降トレンドの場合は、高値を始点としたトレンドラインを引きます。価格がトレンドライン付近に接近したら売り、価格が「チャネルライン」付近に接近したら買いというように、トレンドの向きには逆らわず、売買を行う方法です。
相場がトレンドラインと「チャネルライン」の間を推移しながら、トレンドを形成していくことを前提に活用します。
 

2つ目は、価格がトレンドラインまたは「チャネルライン」付近まで、上昇・下落しなかった場合に、トレンドの変化を暗示している可能性があると推測します。
その後、図の赤色の丸のように、価格が明確にトレンドラインまたは「チャネルライン」をブレイクした時点を狙って売買を行う方法です。上昇トレンドなら上方向、下降トレンドなら下方向に、相場の勢いが加速する場合です。
ただし、トレンドラインまたは「チャネルライン」を一旦抜けたと思っても、すぐに戻すこともあるため、注意が必要です。