初めての方へ

DMI

「DMI」はDirectional Movement Index の略で、日本語にすると方向性指数となります。市況を見極めるために考案されました。「ADX」Average Directional Index(平均方向性評価基準)でトレンドの方向性を見極め、+DIライン、-DIラインで相場の強弱を判断します。

表示方法
 

①画面上部の「テクニカル指標追加・編集」ボタンを選択し、テクニカル指標追加・編集画面を表示します。
②テクニカル指標追加・編集画面の一番左にあるテクニカル指標一覧と書かれたリストの中から、オシレーターと書かれた項目の「DMI」を選択します。
③画面左下にある追加ボタンを選択すると「DMI」の設定内容が表示されます。
 

④画面右の選択テクニカル指標設定で、「パラメーター」「スタイル」などの設定を変更できます。
⑤設定後、画面右下の設定ボタンを選択するとチャートの下側に「DMI」が表示されます。
 

⑥元のチャートとの境界線にカーソルを合わせることで、「DMI」の表示を拡大・縮小することができます。

編集・削除
 

表示した「DMI」を選択すると、「編集」「削除」項目が表示されます。
①「編集」を選択すると、テクニカル指標追加・編集画面が表示され、「パラメーター」「スタイル」の設定を変更できます。
「削除」を選択すると、「DMI」を削除することができます。

DMIの見方
DMIの期間設定のデフォルトは14日間に設定されています。
開発者のJ.W.ワイルダーがDMIの期間として14日間を採用しているため、一般的に14日が使用されます。

ADXでは価格の変動幅からトレンド分析ができます。
ADXが上向いたらトレンドの開始、上昇中はトレンドの継続、下向いたらトレンドの終了、下降中はトレンドのない状態と判断します。

+DI、-DIでは、当日の高安が前日の高安に比べてどちらが大きいかによって相場の強弱を分析できます。

+DIが-DIを下から上に抜けた場合が買いシグナルと見ます。
+DIが-DIを上から下に抜けた場合を売りシグナルと見ます。

注意点
レンジ相場では、+DI・-DIの細かいクロスが多発するので、必ずしもクロスした時が売買のタイミングというわけではありません。ADXでトレンドを判断したり、他のテクニカル指標と組み合わせて使用したりなど、参考指標の一つとして利用されることが多いです。