初めての方へ

QQE

「QQE」は英語のQuantitative Qualitative Estimationの略で、日本語にすると定量定性評価となります。
「QQE」はRSIというテクニカル指標をもとに作成されています。RSIは値動きの強弱を数値で表し、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断する手法です。
「QQE」の特徴はRSIに指数平滑移動平均線を組み合わせて、直近の値動きに比重を置いていることです。よって、より値動きの変化に敏感になるように作成されています。

表示方法
 

①画面上部の「テクニカル指標追加・編集」ボタンを選択し、テクニカル指標追加・編集画面を表示します。
②テクニカル指標追加・編集画面の一番左にあるテクニカル指標一覧と書かれたリストの中から、オシレーターと書かれた項目の「QQE」を選択します。
③画面左下にある追加ボタンを選択すると「QQE」の設定内容が表示されます。
 

④画面右の選択テクニカル指標設定で、「パラメーター」「スタイル」などの設定を変更できます。
⑤設定後、画面右下の設定ボタンを選択するとチャートの下側に「QQE」が表示されます。
 


⑥元のチャートとの境界線にカーソルを合わせることで、「QQE」の表示を拡大・縮小することができます。

編集・削除
 

表示した「QQE」をクリックすると、「編集」、「削除」を選択できます。
①「編集」をクリックすると、選択テクニカル指標設定が表示され、「パラメーター」、「スタイル」の設定を変更できます。
「削除」を実行すると、「QQE」を削除することができます。


QQEの見方
「QQE」は値動きの強弱を数値で表し、買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断する指標をもとに作成されています。

「QQE」とシグナルの両線の位置を確認します。
両線が中間ラインの50以上にあり、「QQE」がシグナルラインを下回ったら売りのサインと見ます。
両線が中間ラインの50以下にあり、「QQE」がシグナルラインを上回ったら買いのサインと見ます。
また、一般的には、
「QQE」がライン30を割り込むと売られ過ぎとなり、買いのサインと見ます。
「QQE」がライン70を上に抜けると買われ過ぎとなり、売りのサインと見ます。

注意点
「QQE」はトレンドが発生した場合、上下どちらかの方向で停滞してしまうことがあります。「QQE」はマーケットが横ばい、緩やかな上昇もしくは下落という状況で効果を発揮します。