初めての方へ

ピボットポイント

「ピボットポイント」は、日々の相場変動が、ピボット(回転軸)を中心に振幅すると仮定した手法のテクニカル指標です。別名「リアクション・トレンド・システム」とも呼ばれています。

表示方法
 

① 画面上部のテクニカル指標追加・編集ボタンを選択し、テクニカル指標追加・編集画面を表示します。
② テクニカル指標追加・編集画面の一番左にあるテクニカル指標一覧と書かれたリストの中から、トレンドと書かれた項目の「ピボットポイント」を選択します。
③ 画面左下にある追加ボタンを選択すると「ピボットポイント」の設定内容が表示されます。
 

④ 画面右の選択テクニカル指標設定で、「パラメーター」「スタイル」などの設定を変更できます。
⑤ 設定後、画面右下の設定ボタンを選択するとチャート上に「ピボットポイント」が表示されます。
 

編集・削除
 

表示した「ピボットポイント」を選択すると、「編集」、「削除」を選択できます。
① 「編集」を選択すると、テクニカル指標追加・編集画面が表示され、「パラメーター」「スタイル」の設定を変更できます。
「削除」を選択すると、「ピボットポイント」を削除することができます。

ピボットポイントの計算方法
ピボットプライス(Pivot Price)=(前日高値+前日安値+前日終値) ÷ 3

ピボットポイントの使い方
デフォルトの設定は、R2, R1, P, S1, S2の5つが選択されています。
中心に位置するPはピボットプライスを表しており、上述の計算方法によって算出されます。Rはレジスタンスライン(上値抵抗線)、Sはサポートライン(下値支持線)を表します。レジスタンスラインとサポートラインは、ピボットの上方と下方それぞれ4つ、合計8つのラインを設定することができます。
 

また、テクニカル指標追加・編集画面の「パラメーター」の履歴表示を選択すると、過去のピボットポイントを表示することができます。
 

ピボットポイントの特徴として、レジスタンスラインとサポートラインを可視化することができるため、レンジ相場における逆張りでの使用やトレンドの発生を想定した売買に使用することができます。R, Sそれぞれのラインは、市場の強さ・弱さを表す指標となり、値上がり・値下がりの目安として売買の判断材料になります。

注意点
ピボットポイントは、設定する時間足の相場状況を、限定的に確認することに特化していますが、他の時間軸で確認した際に、状況の変化を見落としてしまう可能性があります。長い時間足にも注意を払って確認し、売買の判断軸として使用することが一般的です。また、補助ツールとして他のツールと組み合わせて使用することで、分析の信頼度向上に役立たせることが出来ます。