無料!かんたん仮登録はこちら

安全資産の1つとしても注目を集めるビットコイン 安全資産の1つとしても注目を集めるビットコイン

キャンペーンはこちら

セミナーはこちら

デジタル化社会に適した資産とは?

全世界で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、先行きの不透明感から資産を安全に保全することが注目されていますね?

多くの人にとって、変遷する環境下にどう資産を保全していくのかということが大きな関心事です。
株式や法定通貨は、企業や中央銀行が発行量を調整することができ、価値以上に大量に発行されれば、価値の希薄化が起こります。しかし、発行量に上限がある資産であれば、需給関係の悪化による価値の希薄化の影響を受けなくてすみます。
株式市場などは、コロナ禍によって大量に供給された法定通貨によって買い支えられているので一見価値の希薄が起きていないように感じますが、いずれ中央銀行が膨らんだバランスシート解消のためのアクションをとると、一気に価値の希薄化が進むのではないかと将来需給面のバランスが崩れ希薄化が進むことを不安視している人は世界中で数多く見られます。
“有事の金”という言葉がありますが、需給がタイトな金などは資産の保全に適していると昔からされてきました。

確かに”有事の金”という言葉はよく耳にします。でも資産保全先として昔からある金以外に何かデジタル化社会に適した資産はないのでしょうか?

もうひとつ新型コロナウイルス感染症の影響で大きく変わったのが、ビジネススタイルです。今まで対面でなければなしえないと思われていた商談やミーティングなどもデジタルの中で完結することができるということが証明されはじめました。
例えば何か買う場合もAmazonのようなECサイトで購入し、食事もウーバーイーツで注文するライフスタイルがもはや当たり前になっています。新型コロナウイルス感染症が蔓延したことによって、全世界でデジタル化社会が加速しています。
そのような中、インフレによる価値の希薄化に強く、デジタル化社会にも適合している資産保全先として注目されているのが“ビットコイン”なのです。

デジタル化社会にはデジタル資産であるビットコインが注目されやすいということですね。でもビットコインは安全な資産保全先としてなぜ向いているのでしょうか⁈

ビットコインは“デジタル・ゴールド”と呼ばれることもあります。つまり、ビットコインと金は資産価値としてその特性が似ているということなのです。
類似点としては、発行(埋蔵)量に上限がありなおかつ、株や法定通貨と異なり発行主体がないために発行量が恣意的に調整されることがなく、需給関係による資産価値の影響を受けづらい点です。
ビットコインは、あらかじめプログラムで発行量が2,100万枚と定められており上限を超えて発行することができません。
比較表

金(ゴールド)だけでなく株式や法定通貨と比べてみると、ビットコインの特徴がよくわかりますね。プログラムで上限が決められていることにも意義があるのですか?

そもそもビットコインは、多くの人が経済的ダメージを被ったリーマンショックの1か月後に発表された論文がもとになっていると言われています。この論文は、金融機関が大きな要因となったにも関わらず、政府による公的資金による救済が行われたことに対して、政府や中央銀行などが恣意性をもって発行量をコントロールできる法定通貨に対するアンチテーゼが込められていると考えられています。
そのような面も含め、コロナ禍において発行主体が恣意性をもってコントロールできる資産に対し、限界を感じ始めている人々が世界的に増えているようです。

ビットコインにはそのような背景もあったのですね!まさにデジタル化社会を見越しているのではないかと感じました。また、資産価値が希薄化しづらく資産保全先として向いているということですが、もし、購入するとしたらタイミングはいつがよいのでしょうか?

先ほども述べましたが、ビットコインは発行量が限定されています。例えば、限定商品を欲しいと思う人が増加すれば、その価値は上昇します。ビットコインをはじめとしたデジタル資産は、コロナ禍で加速したデジタル化社会が進んでいくにつれその価値を増していくとの見方がされています。
コロナ禍でデジタル化が加速している“今”はまさに投資を検討するタイミングとしては非常によい機会ではないでしょうか?
ビットコインと類似性が高く歴史的な価値が長く評価されている金の価格推移グラフを見てみましょう!

ゴールドチャート

グラフを見ると金取引が変動相場制に移行した1973年末時点と比較して、2020年9月末時点ではドル建てで17倍以上、円貨でも6倍以上価格が上昇していていることがわかります。安全な資産保全を考えるうえで、時間とともに評価価値があがっていくのであれば早いタイミングでの購入がより安全であるという見方をすることもできます。

いま注目のビットコインはコイネージで!

無料!かんたん仮登録はこちら
キャンペーンはこちら

ビットコインの将来的な価値

確かに金の価格は右肩上がりのグラフですね。でも、私にはデジタル化やデジタル資産のことはまだ難しい面もあります。専門家の意見にはどのようなものがあるのでしょうか?

ビットコインの将来的価値をどう見積もるかは、専門家によっても様々な意見に分かれます。参考までに代表的なものを紹介させていだきます。 アメリカの資産運用最大手フィデリティは、ゴールドの流通量と採掘量の相関関係に着目し、2029年までに1ビットコインの価値は100万ドルと現在の約100倍になると予測しています。
フィディリティ もうひとつは、アメリカの暗号資産取引所ジェミニを運営するウインクルボス兄弟(Facebookの事業アイデアの発案をめぐる争いで、マイケル・ザッカーバーグから巨額の和解金を獲得した実業家)は、ビットコイン価格が長期的に50万ドルに達成する可能性があるとの見解を示し、コロナ禍での金現物の輸送が制限されることなどを指摘し、ビットコインの優位性を説いています。ビットコインの需要が高まり、将来的には、1ビットコインの価値は50万ドルに達する可能性があり、最終的にインフレヘッジに利用できるのは、ビットコインだけだと述べています。

デジタル資産を持つならコイネージで!

無料!かんたん仮登録はこちら
キャンペーンはこちら

グローバルでのビットコイン投資の浸透

専門家の中には、かなり強気の見方もあることが分かりました。実際のビットコイン投資の海外事例を教えていただけないでしょうか?

例えば、アメリカには世界初のビットコイン投信“グレイスケール・ビットコイン・トラスト“を運用するグレイスケールという会社が存在します。
彼らは、“ゴールドからビットコインへ”や“お金の歴史をひも解けば、次世代通貨はビットコインだ”といったようなニュアンスのCM展開を行っていることでも有名です。
先ほどのアメリカの資産運用最大手フィデリティも、2020年8月にビットコイン・ファンドの申請書類をアメリカ証券取引委員会に提出しファンド運用を予定しています。
スイスではファルコンやジュリアス・ベア、マエルキ・バウマン銀行などのプライベートバンクが、富裕層や機関投資家向けにビットコインや暗号資産の取引サービスを開始しています。
海外ではありませんが、国内の大手運用会社でも「有事の金」と同じ考えで暗号資産(仮想通貨)を見る向きもあるようです。
これから、どんどん事例も増え、海外ではビットコインはより一般的になり、日本でもその価値が次第に認められていくのではと考えられています。
このような世界的動きを見ても、なるべく早い段階で、ビットコインに触れ肌身感覚としてデジタル資産を体感できる機会が非常に重要ではないでしょうか?

デジタル資産を持つならコイネージで!

無料!かんたん仮登録はこちら
キャンペーンはこちら

なぜビットコインはコイネージではじめるのがいいのか⁈

これまでお話をお伺いする中で、ビットコインやデジタル資産の魅力は伝わってきました。
その中でビットコインを始めるならコイネージが良い理由をお教えいただけますか?

このようにグローバルでビットコイン取引への注目度が高まる中、コイネージは、“コイネージは安心をお客様と共に。未来をともに!”をミッションポリシーとしてお客様にビットコイン取引サービスを行っております。他社と異なり現在はビットコイン取引に特化しております。 それは“たくさんの暗号資産があり将来的にどれが有望なのか迷ってしまう”や“資産価値はあっても流動性が低いと心配“というお客様の声に真摯に耳を傾けているからです。暗号資産の種類は、2,000とも2,500ともいわれています。また主要な取引所でも数種類~十数種類を取り扱っています。暗号資産と一言でいっても千差万別で、ビットコインは発行量の上限がありますが、ほかの暗号資産には上限がないものが大半で発行量の増減によって価値が大きく変動する可能性があります。
また流通面から考慮しても全暗号資産の時価総額の約60%はビットコインでありその時価総額は20兆円を超えており、これは株式でいうとトヨタの時価総額に匹敵するといえます。
そのような観点から暗号資産の中でもビットコインがお客様の資産形成のひとつとして適しているのではないかと、コイネージは考えており、お客様に安心して取引いただける資産としてビットコインのみをご提供することとしております。 その結果として、コイネージは富裕層の方々から厚い信頼を寄せていただいております。

なるほど。コイネージはお客様からの信頼が厚いのですね?例えば、どのような点がコイネージのアピールポイントですか?

業界平均を大きく超える1人あたり預り資産額 (一般社団法人日本暗号資産取引業協会のデータより弊社で分析)
・お客様向けビットコイン情報が豊富
・FXで15年の歴史を持つマネーパートナーズグループの投資ノウハウ
・チャット機能を含めた多様なお客様サポート対応
等だと考えております。

ビットコイン取引やデジタル資産にご不安を持っていらっしゃる方もいると思います。
最後に、コイネージのセキュリティ面について教えてください。

安心・安全に取引していただけるようにセキュリティ面でも万全を期しています!
ビットコインや暗号資産というと過去の不正流出事例で不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。過去の事例はすべて、暗号資産の送金時に使用する“秘密鍵”というデータの保管方法がインターネット接続可能な状態であったことに起因しています。現在は、安全性強化のため法律で全お客様からお預かりした暗号資産のうち95%以上をインターネット接続されていない状態で保管しなくてはならないように改正されています。コイネージでは、お客様の安心を第一に考え、その100%を“コールドウォレット”というインターネットに接続されていない状態で管理しております。
それ以外にも、サイバー攻撃対策や不正ログイン対策などに万全を期しております。
“コイネージは安心をお客様と共に。未来をともに!”というミッションポリシーでお客様と共に歩んでまいります!

1500円プレゼント 1500円プレゼント


コイネージ 大開業祭開催中! コイネージ 大開業祭開催中!

マネーパートナーズグループのコイネージでビットコインを

無料!かんたん仮登録はこちら