イベントの開催が急騰の背景か


昨日のBTC/JPYは高値が¥1,185,000、安値が¥1,140,000と変動幅が¥45,000であった。
5日移動平均は¥1,021,869、20日移動平均は¥1,010,866、100日移動平均は¥935,410となった。
昨日の暗号資産市場でひと際目立った上昇を見せたのは、アルトコインのリップル(XRP)となった。上昇幅は一時、前日比7%を超えた。リップル社が大型イベント『Ripple Swell Regionals』の開催を北米から開始したことが上昇の背景となっている模様。XRPについて、新たな発表が期待される。
米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では、政策金利であるFFレート誘導目標が0~0.25%に据え置かれた。発表後、市場は株高ドル安となり、BTCには大きな動きは見られなかった。
また、昨日は当社代表がBTCの今後や暗号資産交換業、業界団体などのテーマについてのYoutube配信に参加したので、是非ご視聴いただきたい。
『ビットコイナー反省会』