口座開設にあたって

暗号資産取引におけるリスク

(1)価格変動リスク

暗号資産(仮想通貨)は法定通貨と異なり、また法定通貨と関連付けられたものではありません。暗号資産(仮想通貨)の価値は常に変動しています。暗号資産(仮想通貨)の価値は物価、法定通貨、証券市場その他の市場動向、政変、法令・規制の変更、その他の様々な事象の影響を受け、大きく変動する可能性があります。そのため、お客様が保有する暗号資産(仮想通貨)の価値やお客様の暗号資産(仮想通貨)取引の価格が急激に変動または下落する可能性があります。保有する暗号資産(仮想通貨)の価値が購入時に比べて大きく下落する、または価値が全くなくなる可能性があることを重ねてご認識ください。

(2)本サービスの取引価格に関するリスク

コイネージが提供する取引サービスは、当社が運営する暗号資産(仮想通貨)交換所における取引を行うものであり、暗号資産(仮想通貨)の取引の価格が、他の暗号資産(仮想通貨)を取り扱う交換所やその他の取引と比較して最良の価格である保証はありません。

(3)取引時間外の価格変動リスク

当社の取引時間外(メンテナンス時間を含みます。以下同じ。)において、暗号資産(仮想通貨)の取引価格が大きく変動する可能性があります。当社の取引時間外に暗号資産(仮想通貨)の取引ができなかったことにより、お客様に損失が生じる可能性があります。

(4)流動性リスク

暗号資産(仮想通貨)の市場動向や取引量等の状況または暗号資産(仮想通貨)そのものの変化により暗号資産(仮想通貨)市場の流動性が低下し、暗号資産(仮想通貨)の取引が不可能もしくは困難となる、または著しく不利な価格での取引を余儀なくされる可能性があります。

(5)決済完了性がないリスク

お客様が暗号資産(仮想通貨)の入出庫を行う場合、暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーンへの取引の記録については、十分な取引の確認(ブロックチェーンでの取引の認証)が完了するまで取引が記録されず、一定時間保留される状態が続きます。

(6)暗号資産(仮想通貨)の移転の仕組みが破綻するリスク

暗号資産(仮想通貨)の価値移転記録を支える記録者が存在しなくなる等、暗号資産(仮想通貨)の移転の仕組みの破綻等により暗号資産(仮想通貨)の移転が不可能となり暗号資産(仮想通貨)の価値が失われる可能性があります。

(7)ハードフォークによる分岐リスク

ハードフォーク等によりブロックチェーンが分岐し大幅な価値下落が発生する可能性や取引が無効になる可能性があります。当社は分岐の前後に対象暗号資産(仮想通貨)の入出庫、対象暗号資産(仮想通貨)の取引を受け付けない期間を一定期間設ける可能性があります。また分岐を恒久的ではないと当社が判断した場合その他の事情により関連暗号資産(仮想通貨)の全部または一部を取り扱わない場合があります。当社は、ブロックチェーン分岐、その他暗号資産(仮想通貨)の仕様の変更またはエアドロップ等の事象等が生じる場合、当社の任意で対応の有無および対応内容を決定するものとし当社がかかる対応を行わない場合または対応内容の瑕疵、変更等によりお客様または第三者に損害が生じた場合において当社は一切の責任を負いません。

(8)暗号資産(仮想通貨)の盗難・紛失リスク

当社がお客様からお預りしている暗号資産(仮想通貨)を記録しているウォレットのパスワードまたは秘密鍵を、ハッキング・盗難その他の理由により第三者に知られた場合、または喪失した場合、そのウォレットに記録されている暗号資産(仮想通貨)が不正に流出または紛失する可能性があります。お客様への補償を行わなければならない事態が生じた場合、当社の財政が破綻し、お客様に十分な補償を行うことができない可能性があります。

(9)51%攻撃のリスク

悪意ある者が暗号資産(仮想通貨)のブロックチェーンネットワークにおいて51%以上のマイニング計算量を有した場合、不当な取引の正当化、取引の不当な拒否、またはマイニングの独占を行うことが可能になるリスクがあり、取引の確認(ブロックチェーンでの取引の認証)が正常に機能していることを当社が確認できるまで、対象暗号資産(仮想通貨)の取引や入出庫ができなくなるリスクがあります。

(10)システムリスク

本サービスにおける暗号資産(仮想通貨)取引は、お客様と当社が利用するインターネット、通信機器、およびコンピューターシステム機器を使用した取引です。当社またはお客様が利用する通信機器、システム機器に障害が発生し、お客様の暗号資産(仮想通貨)取引、暗号資産(仮想通貨)や金銭の授受、およびその他の取引に支障が生じる可能性があります。

当社またはお客様が利用する通信機器、システム機器に障害が発生した場合、一定期間、本サービスを利用できず、取引システムで取引ができない可能性、お客様の注文が無効となる可能性、それにより暗号資産(仮想通貨)の取引ができずお客様に損失が発生する可能性があります。当サービスにおいて電子認証に用いられるユーザーID(ログイン時に使用する口座番号またはメールアドレスをいいます。以下同じ。) やパスワードなどの情報が漏洩した場合その情報を第三者が悪用することによってお客様に損失が発生する可能性があります。システムのメンテナンス・システム障害などにより当該約定が取り消される場合や、取引の不成立等によりお客様に損失が生じることがあります。

当社としては十分なセキュリティ対策を行っておりますが、予期せぬ大規模なサイバー攻撃等によりネットワークの安全性やシステムサーバー稼動の安全性が脅かされる状況が予見される場合、当社の判断によりサービスの緊急停止を行うことがあることをご認識ください。

(11)個人情報に関するリスク

お客様が当社の本サービスに登録したメールアドレス、氏名、当社より発行された口座番号、パスワード等の個人情報が対象暗号資産(仮想通貨)取引に関するシステムや通信回線の障害、不正アクセスや盗聴、またはお客様の取扱齟齬(不注意)等により、滅失、毀損または第三者に漏えいすることによってお客様に損失が発生する可能性があります。

お客様はユーザーIDやパスワード等の口座情報を第三者に知られないように十分に注意し自己の責任において管理してください

(12)法令・税制変更リスク

現在の日本の法制度や税制は将来において改正される可能性があります。将来において暗号資産(仮想通貨)の保有や取引が制限される可能性、その他現状より不利な規制となる可能性があります。その場合お客様の暗号資産(仮想通貨)取引や暗号資産(仮想通貨)の保有において損失が発生する可能性があります。日本国内の暗号資産(仮想通貨)に関する税金の取扱について詳しくはお客様ご自身で税務署または税理士にお尋ねください。

(13)逆指値リスク

逆指値注文においては、約定価格は、配信する価格がトリガー価格と同一または超えた時点での配信価格となり、トリガー価格と同一の価格の配信がない場合は指定したトリガー価格では約定しません。市場価格が急激かつ大きく変動した場合や、逆指値注文が出ている状態で定期メンテナンスを挟み、価格に乖離が発生する場合等に、お客様が指定された価格よりも不利な価格で約定する可能性があります。

(14)スリッページリスク

ストリーミング注文を行う場合、発注時に取引画面に表示されている価格と実際の約定価格との間に差が生じる場合があります。当該差(スリッページ)は、お客様端末と当社システムの間の通信および、注文を受け付けた後の当社システムにおける約定処理に要する時間の経過に伴い発生するもので、有利になる場合もあれば、不利になる場合もあります。

(15)破綻リスク

外部環境の変化(暗号資産(仮想通貨)に対する法規制の変更を含みます)、当社の財務状況の悪化、当社のシステムその他の必要なサービスを提供する委託先等の破綻等によって、当社の事業が継続できなくなる可能性があります。当社が事業を継続できなくなった場合は、お客様の資産についての対応を含め、破産法、民事再生法、会社更生法、会社法等の適用ある法令に基づき手続きが行われます。当社が倒産した場合には、お客様から預託いただいた金銭および暗号資産(仮想通貨)が当社の倒産財団に組み込まれ、お客様から預託いただいた金銭および暗号資産(仮想通貨)の全部または一部が返還できない可能性があります。

(16)その他リスク

上記に掲載する暗号資産(仮想通貨)取引に伴うリスクは典型的なものについて概要を説明するものであり、取引に生じる一切のリスクを漏れなく示すものではありません。暗号資産(仮想通貨)が法定通貨の仕組みとは異なること、様々な予期せぬ事象によるリスクが起こりうること、その結果お客様が損失を被る可能性があることを予めご認識ください。