フィッシングや投資詐欺にご注意ください

一般社団法人日本暗号資産取引業協会によりますと、同協会の会員である暗号資産交換業者名及び暗号資産関連デリバティブ取引業者名を不正に利用した詐欺の報告があり、注意を呼び掛けています。お客様におきましても充分にご注意くださいますようお願い申し上げます。
※フィッシング詐欺等の対策のためにも、当社ウェブサイトをブックマーク登録されることをお勧めします。

 

  • ◆フィッシング詐欺
  • フィッシング詐欺とは、実在する金融機関等を装った偽のウェブサイトに誘導し、口座番号や暗証番号、クレジットカード番号等の経済的価値がある情報を不正入手し、悪用する詐欺行為です。

    【最近の手口】
    ・フィッシングサイトへの誘導にSMS(ショートメッセージサービス)が使用されている
    ・正規サイトのURLと誤認させるため、フィッシングサイトのURLが「https」から始まるものや、「.jp」ドメインが使用されている
    ・フィッシングサイトにおいて、インターネットバンキングのアカウントやパスワード情報だけでなく、ワンタイムパスワードや秘密の合言葉等を入力させる

    【被害に遭わないために】
    メールに記載されたリンクへの安易なアクセスを控えることが大切です。また、以下の点に留意することも重要です
    ・ 常用するサイトはあらかじめ正しいURLでブックマークに登録して、そのブックマークからアクセスして利用するよう心掛ける
    ・ 各交換業者のウェブサイトにおいて、「その業者がインターネットバンキングのパスワード等をメールで求めることはない」等の方針を確認する
    ・ 表示されたWebサイトのURL等が正しいかを確認する

    フィッシング(詐欺)サイトに注意! | 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会(JVCEA)より

     

  • ◆なりすましメール
  • なりすましメールとは、情報の不正入手や不正送金等の詐欺行為を目的とし、上述したフィッシングサイトに誘導するため、金融機関等になりすまして送られるメールです。
    Twitter/Facebook/LINE/SMS等、使われる手口は多様化しています。
    なりすましメールは巧妙に作成されており、見分けることが非常に困難なケースもあるため、 被害に遭わないためにはメール等のリンクは極力クリックしないことが重要です。情報の確認はブックマークに登録した正しい公式URLからアクセスするなど、落ち着いて行動し被害に遭わないようご注意ください。

     

  • ◆マルウェア
  • マルウェアとは、不正な動作や攻撃を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアやプログラムのことで、コンピューターウイルスやスパイウェアなどによって、個人情報や機密情報を盗んだり、端末やプログラムを破壊したりするものです。
    被害に遭わないためには、パソコンやアプリケーションを最新の状態に更新し、セキュリティソフトを導入するなど、日々進化する脅威から自分を守る体制を構築しましょう。その上で、無用なファイルやリンクはクリックしない、不審なサイトはアクセスを遮断する、信頼性のないソフトウェアやアプリケーションをダウンロードしない等の注意を怠らないようにしましょう。

     

  • ◆特殊詐欺
  • 特殊詐欺とは、面識のない不特定多数の者に対し、電話等の通信手段を用いて対面することなく騙し、指定した預貯金口座への振込みその他の方法により、被害者から現金等をだまし取る犯罪行為のことです。いわゆる「オレオレ詐欺」を始め、架空請求詐欺、還付金詐欺など手口は年々巧妙化しています。
    被害に遭わないためには、理由のいかんに関わらず振り込みを求められた際は、家族や警察にまずは確認、相談するようにしましょう。

     

  • ◆投資詐欺
  • 投資詐欺とは、「必ず儲かる未上場のICOトークンを格安で買えるルートがある」「1口〇〇万円投資すれば、毎月〇〇万円リターンがある」「毎月確実に配当が来るマイニングに出資できるチャンス」など、言葉巧みにもっともらしい儲け話を餌に、資金や暗号資産(仮想通貨)を騙し取る詐欺です。
    謝礼を払うので金融機関の口座を作ってくれと借名口座を作らされ悪用されたり、マッチングアプリや出会い系サイトで出会った異性から投資を勧められて詐欺に遭うといった事例もあります。
    被害に遭わないためには、正規の金融機関や暗号資産交換業者以外の投資勧誘等には十分注意し、「美味い話は無い」ということを忘れないようにしましょう(暗号資産交換業者一覧)。